2010年03月19日

太陽光発電について。

HL_北出常務.jpg

太陽光発電について皆さんどう思いますか?


いま政府は2050年までの温暖化対策の一環として、戸建て住宅の屋根に
ソーラー発電機を取り付け、余剰電力を電力会社に通常の2倍の価格で
売電できる制度を昨年の11月から開始しています。


この制度により、今まで1キロワットあたり24円だった買い取り価格が
48円になります。


さらに、電力会社が電気を買い取るためにかかる費用は、
電気を利用する方全員で負担する「全員参加型」の制度となっており、
これにより通常の電気料金が高くなります。


つまり、太陽光発電を導入していない家庭が、
導入した家庭の電気代を負担するという仕組みです。


簡単に通ってしまったこの制度、公平性や景気・経済成長の上で
とてもデメリットが大きいと思っています。
例えは以下のような問題点が指摘されています。

・マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は
太陽光発電機を付けたくてもスペースがないため売電できず
高い電力を使用するしかない。・・・戸建・富裕層優遇


・これまで電力会社が取り組んでこなかった訳は、効率が悪い上に
コスト高のため実用化が困難だった為。
産業界で経済的に成り立たない仕組みを、国民負担と税金を使って
普及しようとする制度自体、財源的に継続できるか疑問。


・原子力発電など全ての電力供給の半分を太陽光発電にすると
24円/KW⇒35円/KW、全てを太陽光で賄うと50円/KWと
電気代は2倍になる。
大量に電力を使用する産業界は2倍になった製造原価を、
商品転化するか利益圧縮を余儀なくされるかで、将来的に普及しても
日本経済の足かせになる可能性大。


・そもそも論として、政府やメディアの情報を鵜呑みにして、
経済成長を犠牲にしてまでの温暖化対策って本当に必要なの?

さらに、地球は本当に温暖化しているのか?

人類にとってCO2は悪者なのか?

自分たち日本人をさて置いた世界のための温暖化対策で本当にいいのか?

鳩山首相のCO2の25%削減で本当に得をする国は?


など疑問は尽きません。



実はこれらの意見は武田邦彦工学博士著「ウソだらけ間違いだらけの環境問題」
の請売りです。

もし本の内容が本当だったら、日本人はどこまでお人好しでピエロなのか、
結構ショックを受ける内容です。


皆さんもご一読されてみてはいかがでしょうか。


次号に続く・・・
posted by 常務 at 02:10 | 石川 ☀ | 注目本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。