2011年06月07日

経済成長がカギ!


      HL_北出常務.jpg


ついに管首相も早期辞任へ追い込まれそうな状況ですね。

福島原発を受けて火力発電の活用は必死で、

環境省も鳩山前首相が国連の演説で

『温室効果ガスを1990年比で2020年までに25%削減することを目指す』

と表明した基本法案を見直しするようです。

でも見直しの方向で本当に良かったです。

そもそも

・CO2と地球温暖化の有無

・温暖化が人類と地球にとって本当に悪なのか

など、学者の間でも諸説あるこの問題について

政治家はもっと責任のある言動をして欲しいものです。

分かっていることは、

CO2排出量と経済成長は比例するということ。

すなわちCO2を削減すれば

経済成長を止めることに等しいのです。

環境保全がどうでもいいと言っている訳ではなくて

根拠がはっきりしていない理由のために

経済成長が阻害されることが問題なのです。



人は衣食住足りて、教育や文化へと気が配れるものです。

私たちも経済的安定があって初めて、

環境に配慮する余裕が生まれるのです。

最近再燃してきた消費税増税論も、

その税収の根源は経済成長によって得られることを忘れないで欲しいです。

また原発廃止を訴える政治家も、

日本電力の1/3を賄える原発に代わる代替エネルギーはどうするのか

代案を訴えたうえで口に出して欲しいものです。

家庭や公共施設の電気を消して節約することは短期的対応策であり

もっと根本的で長期的な経済刺激策を打つ決断が

政治家に求められています。



とにかく被災地復興支援も20年以上続くデフレ経済も

すべて経済成長がその解決策であることは間違いありません。



木を見て森を見ないような

場当たり的な対応を一日も早く止めさせるよう、

私たち有権者も注視していかなければなりません。




posted by 常務 at 09:48 | 石川 ☁ | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。