2010年07月03日

大阪講習会

先日大阪で住宅瑕疵担保責任保険・既存住宅対象の現場検査の講習会受けてきました。

国交省からも担当官がこられて、これから本格化する既存住宅の瑕疵保険について、
解説されました。

P1090854.JPG

これまで中古住宅はその利用価値や耐久性を評価することなく購入者に
売買されてきました。
住宅に対する情報不足が、中古住宅の購入意欲を妨げてきた要因とも言われてます。

今回新たに出来た保険は、購入者が望めば資格を持った検査員のホームインスペクション
(建物診断)を受け一定の性能が認められれば既存住宅でも瑕疵保険が付けられるようになりました。
期間は5年間、保険金額は1,000万円です。
詳しくはハウスジーメンまで。

今後中古住宅を購入するにあたって、建物の評価と共に瑕疵(欠陥)保険が
付けば、安心で価格面で新築に比べて大幅に安く、しかも好みのリノベーション
工事を行なえば、新築の6〜7割安い注文住宅が手に入るようになります。

いまなら上記のリノベーション工事に保険を付けると100万円の助成金が使えます。

ご興味のある方は弊社にのリニュアル仲介事業、担当長高までお問合せください。







posted by 常務 at 11:26 | 石川 ☔ | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。