2010年06月15日

マネープランニング B

HL_北出常務.jpg

「土地を購入して住宅を建築する場合のつなぎ融資」


 土地を購入して建物を建築する場合は、建売住宅を購入する場合と違い、
建物建築前に土地代金の決済が必要になります。


そのため、土地取得のためのローンと建物分のローンの2つのローンを利用することが一般的です。


今回は自己資金で土地を購入する場合は除き、土地建物共ローンを利用する場合について解説します。


従来は、土地先行融資、いわゆるつなぎ融資の取り扱いは民間銀行がほとんどでした。


しかし、モーゲージ銀行がフラット35を取り扱い始めてから、フラット35の固定金利ローンでも
有利なつなぎ融資が利用できるようになりました。


フラット35の融資実行は住宅建設途中の中間金と完成時の2回までですので、
土地購入資金としてつなぎ融資を利用します。


こちらはフラット35の融資承認を条件に土地代の100%まで融資可能です。


つなぎ融資は住宅ローン借入が条件になりますので、申込時にあらかじめ利用希望を伝え、
つなぎ融資の手数料と金利も確かめておく事をお勧めします。


自己資金を使うタイミングですが、土地のローン額が多くなると、それだけ金利負担も増えることを
気にして、預貯金の多くを土地購入時に使ってしまうケースもあります。


ただ、建築途中にも上下水道引込費、水道メーター使用料、つなぎ融資の金利支払など
ローン出来ない支払もありますので、自己資金は完成まで適度に余裕を持たせ、
場合によっては土地のつなぎ融資を適切に利用することも賢明な方法といえます。


posted by 常務 at 23:13 | 石川 ☔ | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。