2010年02月09日

最後の航海・・・

HL_北出常務.jpg

住宅版エコポイントが1月末の国会で成立しました。

これは一定以上の省エネ基準(性能表示省エネ等級4級)を満たした住宅を建てると、
最高30ポイント(30万円)の省エネ商品購入のポイントがもらえる制度です。

環境にやさしい住宅も実は住宅の長寿化の一環として行われています。

最近住宅新聞でよく目にする「変えようニッポンの家づくり」というフレーズ。

一体住宅をどのように変えるのか?

日本の住宅を変えるとどんなメリットが国民にあるのかをもっと明確に示す必要があります。

私は住宅の長寿命化の先にある目的は、破綻しかけている年金や老人医療に代わって、
日本の住宅が老後の年金の役割を担えるようにつくり変えることだと思います。

元気なときに積み立てて老後に取り崩す年金と同じように、
住宅にも価値が付けば、土地建物を担保に老後資金を都合できるようになります。
具体的には、持ち家を担保に老後資金を借入れるリバースモーゲージなどの活用が
今以上に活発になるでしょう。

例えば土地建物の資産価値評価が2000万円で、60歳から20年間毎月6万円の融資が年金として受けられます。
返済は亡くなった時に相続人による返済又は自宅を銀行に譲渡し完済します。
残された配偶者がいる場合、生命保険を利用して住み続けることも可能でしょう。

自宅が年金の代わりになると、老後資金を必要以上に貯め込むこともなくなり、高齢者の消費や贈与が拡大され大きな景気刺激となるはずです。

gn-20090130-02.jpg

グラフでわかるように、日本人の個人資産1439兆円(左記は日銀2009年資料)の内
約6割以上を60歳以上が保有している状況です。

老後に安心が見えると、この金融資産は消費に回り景気も良くなります。
住宅の資産価値を高めることは、高齢化社会問題と低成長経済を同時に解決する最後の手段なのです。

米国発サブプライム問題の発端となった2006年の住宅バブルがはじけるまでの70年間、
アメリカの住宅価格は、新築・中古共毎年右肩上がりを続けてきました。
公的年金が破綻しているアメリカ人にとって住宅とはまさに年金そのものなのです。
その住宅の大暴落は大変ショックであり、住宅への過剰評価に対する失敗の教訓は、
アメリカ国民にとって忘れられないことだと思います。

しかしバブル後のアメリカの住宅価格は、既に2003年ころの水準で
下げ止まりの兆しを見せています。
バブルが吹き飛んでも7年前の住宅価格の水準で持ちこたえている状況は、
バブル崩壊後30年前の1980年台まで下落してしまった日本の市街地価格と比べても、
米国民の資産を守ったのはこれまた資産価値の高い住宅だったと言えるのでは
ないでしょうか。

住宅先進国アメリカが70年かけて富の上に富を構築してきた住宅政策。
日本がいま同じことを始め、その取り組みをやり遂げるまでの間、
もっと大きな改革や、淘汰の波によって住宅業界は相当な痛みを伴うことでしょう。

しかし日本の住宅が生まれ変わり、住宅に対する消費者の信頼を勝ち取るため、

そして、豊かさを実感できる暮らしを手に入れるために、立ち止まってはいられません。

最後の航海の旅は、もう始まっているのです。



 次号に続く…





posted by 常務 at 15:27 | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。