2010年09月03日

次世代型アパート経営@

 弊社では次世代型の単身女性専用アパート経営の取り組みを始めています。

015.jpg]

平成20年総務省住宅土地統計調査によると

総住宅数 5759万戸
総世帯数 4726万戸
空き家 756万戸
空き家率 14.6%

となっており、

空き家は今後も年々増え続けると予想されています。


この日本の住宅の空き家率15%はもろ賃貸市場を直撃し

アパートオーナーを苦しめています。



人口減少は2007年から既に始まり、

雇用不安、不景気のなか、供給過剰の賃貸市場に


なぜこの時期にアパート経営か


と思われるかもしれません。

037.jpg


しかしその理由は簡単です。

それはズバリ住宅並みそれ以上に住み手が満足するアパートが

賃貸市場にほとんど存在しないからです。



それは、どんなアパートが誰によって供給されているかを見れば明らかです。


実は賃貸市場の9割は大手プレハブハウスメーカーが独占しています。

特徴はご存知の通り、

工場生産されたプレハブユニットをいくつも並べて

外階段と外廊下で繋いだ究極の生産効率を実現したユニット型アパートです。




建築主は主に賃貸経営の観点より

相続税対策の借入を目的とする地主が主でした。



建築コストも利益追求の経営の観点ではなく、節税効果を求める為ため、

建築コストは重要視されて来ませんでした。



このことが高コスト体質の大手プレハブメーカーの独壇場を

賃貸市場に許してきたと言えます。

076.jpg


お気づきの通り、アパートを建てる目的に


 借り手(住まい手)の満足度


という視点がまったくありません。



裏を返せば顧客満足度の視点でつくられたアパートが出来れば、

それだけで9割の顧客の支持を得るといえます。


そんな取り組みを始めました。

047.jpg


興味のある方はこちらを。


・次世代型集合住宅「プリマ」ホームページアドレス:http://www.prima-apartment.com/




posted by 常務 at 16:26 | 石川 ☁ | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。