2010年07月21日

中古住宅流通が熱い@

HL_北出常務.jpg


 日本住宅新聞の中古住宅の特集で面白い記事があったので紹介します。

「日本人は住宅ローンの奴隷である」というのは、中古住宅とリフォームを
何とかしよう会代表・NPOまちづくりすけっと隊理事の小山勝氏。

特に、住宅の長持ちと資産価値アップ、中古住宅への適正評価と市場活性化、
相対的なローン負担軽減を実施しなければ、まさに住宅ローン奴隷から
解放されることはない。

民主党は、新築と中古の二本立てで政策を推進し、住宅価値と資産価値を区別して
政策を進めていくとしている。

「住宅価値は住まい手本人だけが満足するもので“住みつぶし”であるが、
これが資産価値になれば第三者にも評価され“住み繋ぐ”ものになる。

今後は街並み整備も促進しながら資産価値確保に重きを置き、これまでの
間違った住宅政策を改めるようにすべき。

長期優良住宅は日本のスタンダードになる」と小山氏。

この意見に同感です。これまで公共投資はほとんどが新築刺激策でした。

すなわち建築業者にお金を使うもの。しかし、本当の内需拡大は中古住宅に投資すること、
すなわち国民の資産価値を高めるために投資しないと、消費が拡大せず、
将来不安がなくならないと思います。

いま時代が求める、売り手も買い手も満足する中古住宅の資産価値を高めて流通する仕組み
「リニュアル仲介」事業始めました。

次回はその内容をお伝えします。
posted by 常務 at 22:16 | 石川 ☀ | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

東京は蒸し暑い・・・

先日東京に行きました。

仕事とプライベートを兼ねて1泊2日の日程。

ただ、気温は30度を超す梅雨の蒸し暑い日。しかし、それ以上に人の多さに参った次第で。

P1090851.JPG

最初に訪れたのは、今年4月に東京・丸の内にオープンした三菱一号館美術館の
開館記念展「マネとモダンパリ展」

P1090843.JPG

竜馬伝でもおなじみの三菱の創始者、岩崎弥太郎は、陸軍の用地であった丸の内の土地を
明治23年に政府から一括して購入し、この地を地震に耐えうる洋風建築の林立する
事務所街にすると決めました。後を次いだ岩崎弥之助(弥太郎の弟)が英国人建築家、
ジョサイア・コンドルに設計を命じて建てたのが「旧三菱一号館」だそうです。

丸の内の高層ビル外に、明治のレンガの洋館の赤色が映えて、
とっても素敵な空間でした。


でも、東京って何気に有名人に出会うからおもしろいです。

まずは新橋駅で蓮舫と海江田万里が遊説してました。

P1090829.JPG

P1090830.JPG

生で見る蓮舫はなかなかの美人。

そのあと入ったケーブルTVのコンベンションではいけのめだかと
アホの坂田師匠に。めだか師匠ホンマちっこかった。

P1090849.JPG

最後は、池袋駅でいきなり選挙活動中の杉村太蔵に握手されました。
(もうちょっと違う人に握手されたかった〜)

彼っていま自民党からたちあがれ日本に移ったんでしたっけ?

P1090839.JPG

そんな訳で、東京では人が集まる分、好むと好まざるといろいろサプライズがあって
刺激的な2日間でした。




posted by 常務 at 13:45 | 石川 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪講習会

先日大阪で住宅瑕疵担保責任保険・既存住宅対象の現場検査の講習会受けてきました。

国交省からも担当官がこられて、これから本格化する既存住宅の瑕疵保険について、
解説されました。

P1090854.JPG

これまで中古住宅はその利用価値や耐久性を評価することなく購入者に
売買されてきました。
住宅に対する情報不足が、中古住宅の購入意欲を妨げてきた要因とも言われてます。

今回新たに出来た保険は、購入者が望めば資格を持った検査員のホームインスペクション
(建物診断)を受け一定の性能が認められれば既存住宅でも瑕疵保険が付けられるようになりました。
期間は5年間、保険金額は1,000万円です。
詳しくはハウスジーメンまで。

今後中古住宅を購入するにあたって、建物の評価と共に瑕疵(欠陥)保険が
付けば、安心で価格面で新築に比べて大幅に安く、しかも好みのリノベーション
工事を行なえば、新築の6〜7割安い注文住宅が手に入るようになります。

いまなら上記のリノベーション工事に保険を付けると100万円の助成金が使えます。

ご興味のある方は弊社にのリニュアル仲介事業、担当長高までお問合せください。





posted by 常務 at 11:26 | 石川 ☔ | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。