2009年10月05日

政権交代で暮らしは変わるか

 
 遂に政権交代が実現しました。

main01_300.jpg

脱官僚政治からの脱却と公共事業見直しで連日ニュースはその話題で持ちきり。
でも、最も関心があることは日本人の暮らしの行方ではないでしょうか。

子供手当てや高速道路無料化、農業の戸別保証から公立高校の無料化などなど、
ばら撒きと揶揄されてきた民主党マニュフェストも与党となり発言の場を得て
徐々に国民の理解を得てきているようです。
たとえば、子供手当ての目的は、「私たちの未来である子供は社会全体で
支えていく」そういう理念に基づいての子供手当支給なら理解できます。

ただ、定額給付金(自民・民主共通の政策)を撒いても景気の見通しが
悪ければ消費より貯蓄に回る可能性も高いし、
所詮税金を撒く=預金を切り崩して使っているのと同じである以上
いずれ底をついてしまいます。
雇用にしても時給800円を1000円に上げても払える企業が
なければ失業率は改善しない。

要は切り詰めて国民にお金を撒いても限界があり、デフレを止め景気を
回復し収入を増やさない限り問題の根本解決にはならないという意見に
同感です。

その具体的ビジョンを皆さん知りたいのではないかと・・・。


やっぱり内需拡大しかないと思います。

私が考える内需拡大とはもちろん住宅投資です。
といってもこれまでのように新築住宅建設の活性化によるものでは
まったくありません。

私たち業界人は、建てて20年もすれば資産価値ゼロになる戦後の家づくりを
直ちにやめる責任があります。
と同時に新築価格の8割程度しか価値が落ちない欧米の中古住宅市場を、
日本でも根付かせる責任もあります。

住宅所有者が豊かになる私案は次号お伝えしたいと思います。

ではまた。







posted by 常務 at 09:36 | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。